盗聴器調査・発見のことなら盗聴器発見なび

年間受付件数20万件以上 ※弊社運営サイト全体の年間受付件数
24時間365日お電話でのご相談受付中! フリーダイヤル 0800-805-7767

スタッフ待機中

24時間365日、盗聴器発見業者をご紹介!

フリーダイヤル 0800-805-7767

盗聴器発見業者を無料紹介 業者紹介を申し込む

2013-7-2

盗撮発見するために

電車の中でなどの痴漢行為は年々増加する傾向が統計上から見て取れる。
特に満員電車では被害に遭わないような注意を十分にする必要があり、痴漢被害を防ぐ目的での女性専用車両なるものも増える方向で対策が行われつつある。しかし痴漢行為そのものではなく、カメラや映像機器の小型化など機械の発達によって、盗撮という新規の犯罪も増加の傾向にある。とくに気を付ける必要のある場所として、階段及びエスカレーターがある。最近段差の高低差を利用してスカートの中を盗撮する犯罪が多いからだ。盗撮現場の発見をした場合はすぐに最寄りの警察署に届け出るのが最善である。
一方で自宅を盗撮されるという犯罪も増加している。盗撮発見を調査する会社まである。盗撮発見に至るまでには盗撮された写真の確認や盗撮場所の特定などで、通常は多くの時間を要する。盗撮発見するための機器といったものも多く販売されている。この分野のものは主に光学式発見器と電波式発見器があり、光学式発見器は盗撮カメラ(隠しカメラ)のレンズに反応してカメラを発見する性能を持ち、電波式発見器は盗撮カメラ(隠しカメラ)から受信機に映像を送るための電波を検知してカメラを発見する性能を有する。
今日ではどちらの機器もとても精密なため、盗撮発見においては大いに役立っているようである。しかしこの機器は購入すれば数十万円単位の費用が必要のため、一般での購入は大変である。ぜひ盗聴器の調査会社を利用して調査をしてもらうと良いであろう。

バックナンバー

このページのトップに戻る
]