盗聴器調査・発見のことなら盗聴器発見なび

年間受付件数20万件以上 ※弊社運営サイト全体の年間受付件数
24時間365日お電話でのご相談受付中! フリーダイヤル 0800-805-7767

スタッフ待機中

24時間365日、盗聴器発見業者をご紹介!

フリーダイヤル 0800-805-7767

盗聴器発見業者を無料紹介 業者紹介を申し込む

2013-7-2

盗聴器発見器の使用は慎重に

個人のプライバシー侵害や会社の機密漏洩にあたる盗聴や盗撮をされる事件は、最近とても多くの事例がニュースになっています。
特にストーカーという言葉が定着した今日では、激増した上に凶悪化している状況です。ですから盗聴器発見器といったものは、一般市民レベルでも対策用に簡単に手に入る時代となっています。盗聴器発見器をウェブ上で検索すると、安価なものでは2,000円程度の製品から販売されています。製品の具体的な機能性の面は無線関係の技術者レベルの知識がないと理解できないとはいえ、中にはこの盗聴器発見器によってデータ送信用の電波を捉えて盗撮による被害も確認を可能にする製品も存在します。
ボタン一つで簡単に操作できる盗聴器発見器もあり、機械の操作の苦手な方にも簡単に扱う事ができ、その点はありがたいことですが、実際の問題としては盗聴器発見器を利用する必要にまで切迫する立場にはおかれたくないと個人的には思います。
自分自身が盗聴や盗撮をされているという状況を感じた場合には、まずは最初に警察に相談して被害状況を伝えることが一番大切と考えます。通信販売などで簡単に機械は入手可能ですが、その機械を設置し盗聴の調査を行うことを、盗聴する側の人間に知られた場合に問題が生じる危険があるからです。
何事もなく盗聴行為が終われば良いですが、盗聴する側からのさらなる逆恨みを買うことで、被害者である自分の身がより危険な状態に陥る事態が発生するケースもあり得ます。

バックナンバー

このページのトップに戻る
]