盗聴器調査・発見のことなら盗聴器発見なび

年間受付件数20万件以上 ※弊社運営サイト全体の年間受付件数
24時間365日お電話でのご相談受付中! フリーダイヤル 0800-805-7767

スタッフ待機中

24時間365日、盗聴器発見業者をご紹介!

フリーダイヤル 0800-805-7767

盗聴器発見業者を無料紹介 業者紹介を申し込む

2013-7-2

盗聴発見器を使用する際の注意

盗聴発見器を使用する立場になりたい人はいないと思いますが、いざそのような立場になった折には、調査のための入手も視野に入れる必要があります。
盗聴発見器と呼ばれるものは価格も種類もさまざまで、一般的には価格が高いほど高性能になりますが、その一方で無線通信の知識が無いと扱えない製品も多く、入手可能なものをとりあえず入手すれば良いというわけではありません。どういった目的で必要としているかをよく調査したうえで、盗聴発見器を選ぶ必要があります。
盗聴発見器と呼ばれる製品の多くは、基本的には無線式の盗聴器という、収集した音声を無線で他の場所に送信して内容を聴き取るタイプを対象にした検知器になります。ですから有線式の盗聴器は検知が不可能となる点に注意を必要とします。尚、無線式でもデジタル式の盗聴器は送信周波数が頻繁に変換するために、専用の盗聴発見器でなければ検知が不可能な場合もありますから、その点も注意を必要とします。
更に家の中には、電子レンジやテレビ、パソコンといったマイコンを装備して電子機器の性能を有した家電製品が多数存在し、そこから輻射される微小電波に反応する場合もあります。そのために反応したことで必ずしも盗聴被害の存在があるとの断言はできません。このような点から盗聴の不安を感じた場合は、ご自身で検知を試みようとするよりも、盗聴の調査を行う会社に依頼して調査してもらうことが不安を払拭する最も望ましい方法になります。

バックナンバー

このページのトップに戻る
]