盗聴器調査・発見のことなら盗聴器発見なび

年間受付件数20万件以上 ※弊社運営サイト全体の年間受付件数
24時間365日お電話でのご相談受付中! フリーダイヤル 0800-805-7767

スタッフ待機中

24時間365日、盗聴器発見業者をご紹介!

フリーダイヤル 0800-805-7767

盗聴器発見業者を無料紹介 業者紹介を申し込む

2013-7-2

盗撮発見器の進化

何でも便利で快適になった時代ですが、便利なものの使用方法を間違う人が居ます。
携帯電話で盗撮をしたり、小型マイクで盗み聞きをしたり、そういった犯罪が増えています。また、携帯電話を使わない盗聴や盗撮も増えているようです。そういった機器は小型になり見つけにくくなっています。ただ、それに対応して盗撮発見器も進化しています。カメラにレンズに当たる光の反射を利用して発見する光学タイプの盗撮発見器と、カメラの電磁波に反応する電波タイプの盗撮発見器の二種類があります。電波タイプの盗撮発見器は無線電波を飛ばすタイプのカメラに素早く反応します(ただしこの方式では有線型の盗撮カメラは発見できません)
それに対し光学方式の盗撮発見器は盗撮のカメラのレンズの光の反射に反応するため、有線式・無線式どちらにも反応します。しかし、光学方式のタイプはレンズに光を当ててカメラを見つけ出すため、まず光をレンズに当てなければカメラを発見できないので部屋や家全体を探すのに時間と手間がかかるのが難点です。両方を購入して調べる方が良い。と言いたいところですが、予算が許さない場合どちらか一方しか選べません。どちらの発見器も家電に反応したり、光の反射を起こすものをレンズと勘違いしたり、検知できないものがあったり、見落としたりします。
盗撮発見器はカメラを必ず見つけだせるものではないと留意しておいてください。もし見つけたら必ず警察などに通報してしかるべき処置を行います。

バックナンバー

このページのトップに戻る
]