盗聴器調査・発見のことなら盗聴器発見なび

年間受付件数20万件以上 ※弊社運営サイト全体の年間受付件数
24時間365日お電話でのご相談受付中! フリーダイヤル 0800-805-7767

スタッフ待機中

24時間365日、盗聴器発見業者をご紹介!

フリーダイヤル 0800-805-7767

盗聴器発見業者を無料紹介 業者紹介を申し込む

2013-7-2

盗撮カメラ発見器の種類

カメラ付きの携帯端末、デジタルカメラ、ビデオハンディカムなどで他人の生活をのぞき見る盗撮行為は犯罪となります。ですが、こういった卑劣な犯罪行為は後を絶ちません。
このような犯罪の手段や手口は様々です。防衛策を取るのは難しいものとなります。困難ですが何もしないでいるよりは盗撮カメラ発見器などを使用して対抗すべきです。盗撮に使われるカメラは無線方式と有線方式の二種類があります。無線方式は電磁波を飛ばして撮影する仕組みなので、そのために電磁波を受信するための受信機が必要となります。この2つ以外の盗撮機は受信機では対応不可能になるので、盗撮カメラ発見器を使ってカメラを探すことになります。
盗撮カメラのレンズの部分は見つからない様に露出が少なくなっているので、出ている部分がほとんどありません。それ故見た目では盗撮カメラかどうかは簡単にはわかりません。そこで光学方式の盗撮カメラ発見器を使って見つけ出すことになります。光学方式の盗撮カメラ発見器は隠れているカメラのレンズに発見器からでるLEDの光が反応して発見が可能となる構造となっています。電波式の発見器の場合電波に反応をするため電磁波が出ていれば結構速く発見ができます。発見までの時間は、光学方式の盗撮カメラ発見器は直接レンズの光の反射を見る方法なので、レンズに光が当たるまで探すことになり時間はかかります。
どちらの方式にもメリットとデメリットが存在します。それをよく考えて購入を決めてください。

バックナンバー

このページのトップに戻る
]