盗聴器調査・発見のことなら盗聴器発見なび

年間受付件数20万件以上 ※弊社運営サイト全体の年間受付件数
24時間365日お電話でのご相談受付中! フリーダイヤル 0800-805-7767

スタッフ待機中

24時間365日、盗聴器発見業者をご紹介!

フリーダイヤル 0800-805-7767

盗聴器発見業者を無料紹介 業者紹介を申し込む

2013-7-2

しっかりと盗撮の対策をしよう

ニュースをにぎわす迷惑行為の代表格が、「盗撮」です。
特に被害に遭う機会の多いところが、エスカレーターや階段などの段差のある場所です。女性のスカートを携帯電話のカメラ・ビデオを使って撮影するのです。盗撮犯にとって、段差のある場所はとても好都合な場所です。女性が無防備で、盗撮犯に後ろ姿をさらす格好になるからです。しかも、近頃は携帯電話のカメラ、ビデオ機能も高性能になっていて、鮮明な画像を簡単に撮ることができることも盗撮の増加に影響しています。
盗撮犯は、小型カメラやビデオをバッグなどに仕込み、女性に近寄って盗撮行為に及ぶのです。このように、盗撮犯は、あの手この手で女性を狙っていると言えます。そういった迷惑な行為の被害者となってしまわないよう、盗撮の対策として自己防衛を行うことが大切です。まず、エスカレーターや階段を昇るときは、たまに後ろを見返して不振な人物がいないかをチェックすること。そうすることでそういった対応が盗撮犯に対する抑止力となり、盗撮を未然に防ぐことになります。
さらに、スカートの後ろをバッグなどで隠すことも、盗撮の対策として有効な手段です。また、手すりに背中を向け、体を少しねじるような格好をとることで、盗撮されることを防ぐこともできます。もし、段差のある場所で不振な行動をとる人物がいたら、即座に大声で叫んで周りの人を呼ぶこと。こういった対応が最終的な盗撮の対策として有効となるでしょう。

バックナンバー

このページのトップに戻る
]