盗聴器調査・発見のことなら盗聴器発見なび

年間受付件数20万件以上 ※弊社運営サイト全体の年間受付件数
24時間365日お電話でのご相談受付中! フリーダイヤル 0800-805-7767

スタッフ待機中

24時間365日、盗聴器発見業者をご紹介!

フリーダイヤル 0800-805-7767

盗聴器発見業者を無料紹介 業者紹介を申し込む

2015-10-5

盗聴器は誰がどのような理由で仕掛けているのか分かりません。

「盗聴」と言うと、「自分には関係ないかも」と思ってしまう方もいらっしゃいますが、実際には、盗聴される側にとっては「全く見に覚えのないことで」盗聴されてしまっている、ということも少なくありません。 実際に盗聴されてしまった被害者の方にとっては、実際に「なぜ盗聴されていたのか全然分からない」という方もいらっしゃいます。実は賃貸住宅の場合、盗聴器を部屋に仕掛けて、前の住人に対して録音していたものを、その住人が引っ越していっても回収せずに、継続して盗聴し、面識のない新しい住人が被害にあってしまう、という被害例もあります。それとは別に、盗聴マニアの人の餌食になり、気まぐれに選ばれて、日々の生活を盗聴されていた、という人もいました。 このようなことからも、盗聴という行為は極めて分かりにくく、また無関係の人に巻き込まれて盗聴されていた場合は、「盗聴されていそう」と分かることも少ないので、やはり盗聴器を調査する盗聴器発見業者に依頼して、定期的に調査してもらうことをおすすめいたします。 もし、見つからなくても「取り越し苦労だったな」と、ほっと胸を撫で下ろせます。逆に「取り越し苦労かも知れないからやめておこう」と思って、調査を依頼せずに、実は長年盗聴され続けていた、なんて事態は避けたいですね。 もし少しでも心配のある方は盗聴器の調査してもらうと良いでしょう。

バックナンバー

このページのトップに戻る
]