盗聴器調査・発見のことなら盗聴器発見なび

年間受付件数20万件以上 ※弊社運営サイト全体の年間受付件数
24時間365日お電話でのご相談受付中! フリーダイヤル 0800-805-7767

スタッフ待機中

24時間365日、盗聴器発見業者をご紹介!

フリーダイヤル 0800-805-7767

盗聴器発見業者を無料紹介 業者紹介を申し込む

2015-10-14

アプリによる盗聴

以前の記事で
「盗聴そのものは違法ではないが、住居に勝手に侵入したり、電気を勝手に使用したり、規制された電波を出すこと、また盗聴した内容を誰かに漏らすことは違法」
というお話をしました。つまり、家族が住む自宅や知人の家で、何気なく盗聴器をしかけて会話を盗み聞き、ただ個人的に楽しんでいるだけでは罪には問われないということです。その安心感からか、相変わらず盗聴器を仕掛ける人は後を絶たないようで、本サイト「盗聴器発見なび」へのご依頼で調査をした結果、盗聴器が発見されるというケースも少なくありません。ただ違法でなくともモラル的には決して感心出来るものではありませんので、私たち自身が違和感に気づいて、なるべく早く盗聴器を排除することが重要になってきます。さて、最近の記事で「携帯電話」を使った盗聴についてご紹介しましたが、今回ご紹介するのは「アプリ」を使った盗聴です。今や誰もが持っていると言っていいほど普及したスマートフォン、そのスマートフォンに必ず入っているのが数々のアプリですね。多くの方が複数のアプリをインストールして使っていると思いますが、相手のスマートフォンの中にこっそり盗聴用のアプリを紛れ込ませておいて、周囲の音を拾い録音して遠隔で聞けてしまうというアプリが存在するのです。実際にこのアプリを使って盗聴し、相手を監視して逮捕されたケースもあったと言います。本来はセキュリティー目的で作られたものとされているようですが、使い方によっては、このように盗聴に使われることもあります。「もしかして盗聴されているのでは?」と思うようなことがあったら、盗聴器の発見と併せて、このように電波を発しない盗聴方法にも注意するようにしましょう。

バックナンバー

このページのトップに戻る
]