盗聴器調査・発見のことなら盗聴器発見なび

年間受付件数20万件以上 ※弊社運営サイト全体の年間受付件数
24時間365日お電話でのご相談受付中! フリーダイヤル 0800-805-7767

スタッフ待機中

24時間365日、盗聴器発見業者をご紹介!

フリーダイヤル 0800-805-7767

盗聴器発見業者を無料紹介 業者紹介を申し込む

2015-11-12

ストーカーだけではありません

盗聴器を設置して盗聴を行うという行為は、ストーカーなどが特定の人物に対しておこなうというイメージが強いと思います。しかし、もう一つ気をつけなければならないことがあります。それは、盗聴犯が無作為にターゲットを指定している場合もあるということです。このような、無作為にターゲットを選んでいる盗聴は、自分で気づくことが難しいという問題があります。もし、自分がストーカー被害にあっている方は、もしかすると盗聴されているかもしれないという懸念を持つことができるかもしれませんが、無作為にターゲットに選ばれてしまった方は、自分が盗聴されているかもしれないという自覚がありませんので、盗聴されていることに気づかないことが多いのです。では、なぜ無作為にターゲットを選ぶのでしょうか?その理由の一つに愉快犯というものが存在します。愉快犯は、ただ盗聴をしたいという目的のもと盗聴器を設置します。また、空き巣犯なのどは、無作為に盗聴器を設置して留守が多い家庭を探したりもします。 このような、無作為に選んだ盗聴に気づくためには、日頃から家の中をよく観察し見慣れないものが置かれていないか確認する必要があります。より確実性を高めたいのであれば盗聴器発見機などを利用して盗聴器を発見するという方法も有効です。それでも心配だという方は、業者さんに調査を依頼してみましょう。盗聴器が設置されていれば発見することができますし、設置されていなければ安心を手に入れることができます。

バックナンバー

このページのトップに戻る
]