盗聴器調査・発見のことなら盗聴器発見なび

年間受付件数20万件以上 ※弊社運営サイト全体の年間受付件数
24時間365日お電話でのご相談受付中! フリーダイヤル 0800-805-7767

スタッフ待機中

24時間365日、盗聴器発見業者をご紹介!

フリーダイヤル 0800-805-7767

盗聴器発見業者を無料紹介 業者紹介を申し込む

2016-1-15

盗聴器を仕掛ける目的

一度盗聴器を仕掛けられると、それを仕掛けた人物だけだが受信出来るわけではなく、第三者による盗聴「傍受」をされてしまうようにもなります。このように盗聴は、プライバシーがなくなってしまう本当に許されない行為です。なぜこのような盗聴という行為を行うのか、目的は仕掛ける人物によって色々あります。まず盗聴器を夫などの家族が仕掛ける場合があります。その場合は、浮気をしていないかなどの監視目的が多いです。仕事場での盗聴もあります。この場合は、企業の情報を盗むための目的です。大きな企業になると、機密情報が一つ知られるだけで潰れてしまうといった恐れもあります。空き巣が盗聴器を仕掛けるということもあります。一度侵入した家に盗聴器を仕掛けて、その家の留守の時間などの情報を得る、といった目的です。危険なのは、異性のことを知りたい、監視したいなどのストーカー行為での目的です。盗聴器を仕掛けれるということは、部屋を知っている、入ることが出来るということなので、もし盗聴器を見つけた場合は、警察に届けることが重要になるかもしれません。他には、単に盗聴に興味があるだけ、趣味といったいたずら目的の場合もあるのです。このように盗聴器を仕掛ける目的は様々です。目的が多いということは盗聴されている危険も高いということにつながります。一度盗聴調査の依頼をすることをおすすめします。

バックナンバー

このページのトップに戻る
]