盗聴器調査・発見のことなら盗聴器発見なび

年間受付件数20万件以上 ※弊社運営サイト全体の年間受付件数
24時間365日お電話でのご相談受付中! フリーダイヤル 0800-805-7767

スタッフ待機中

24時間365日、盗聴器発見業者をご紹介!

フリーダイヤル 0800-805-7767

盗聴器発見業者を無料紹介 業者紹介を申し込む

2016-3-24

身近に潜む盗聴器の恐怖

自宅に盗聴器が取り付けてられている気がする。まさか自分がそんな被害にあうなんてと誰でも考えるでしょうが、最近は盗聴器がお店やインターネットで簡単に手に入るようになり、盗聴の被害報告が多数寄せられています。 自宅に盗聴器が仕掛けられているような気がしたまま過ごしていたら大変気持ちが悪いですし、情緒不安定に陥りかねないです。 どんな盗聴器があるのか知り、盗聴器発見・除去につなげましょう。 盗聴器には大きく分けて2つのタイプがあります。 録音式盗聴器 内部にメモリーがあり、メモリーに録音するタイプ 録音した犯人が後からとりに来なければならないため、犯人は身近な人間であることが多い。発見が困難。 電波式盗聴器 盗聴器としては一般的なもので、盗聴した音を電波で飛ばす 犯人は不特定多数の可能性が高い 盗聴器発見装置で比較的簡単に発見できる 次に盗聴器は主にどのような場所に仕掛けられるのでしょうか コンセント、エアコン周り、室内灯周りなど盗聴と同時に電源も確保できる場所や、外部から仕掛けやすい新聞受けの内側などが多いようです。 また以前の住人の盗聴器が仕掛けられたままになっているという場合もあります。 盗聴器がしかけられているかどうか発見するには、まずFMラジオとラジカセなどの何か音が鳴るものを用意しましょう。 盗聴器は部屋の中で音がなっている時にしか作動しません。ラジカセなどでわざと盗聴器に聞こえるように大きめに音を出します。 盗聴器はFMの周波数を使うことが多いことを利用して、周波数選曲ダイヤルを低いところから少しずつに高くしてみましょう。 FMラジオからもし自分の部屋でなっている音と同じ音が聞こえてきたら、確実に盗聴器が仕掛けられているということになります。 仕掛けられていることが確実に分かったら、具体的な位置を特定してみましょう。 まず部屋の真ん中で音の鳴るもの持って、一回回ってみましょう。ある方向から音が大きく聞こえるのではないでしょうか。 その方向に盗聴器があります。方向が特定できたらその方向にFMラジオを持って移動し、次第に音が大きくなり最終的にハウリングしたらそこに盗聴器が仕掛けられています。 盗聴器を発見したら電話会社や警察に相談しましょう。盗聴器が設置されている場所によっては一個人には取り外し不可能な場合もあります。 盗聴器発見した後は発見したことを犯人に悟られないようにしましょう。犯人に盗聴器が発見されたことが気づかれてしまうと危険な目にあったり、犯人が証拠隠滅や逃亡するかもしれません。 盗聴器発見、除去を個人で行うのは大変な危険が伴います。盗聴器を発見したら警察や業者などに相談・依頼し、自分の身を守る行動を積極的にとるのが大事ではないでしょうか。

バックナンバー

このページのトップに戻る
]