盗聴器調査・発見のことなら盗聴器発見なび

年間受付件数20万件以上 ※弊社運営サイト全体の年間受付件数
24時間365日お電話でのご相談受付中! フリーダイヤル 0800-805-7767

スタッフ待機中

24時間365日、盗聴器発見業者をご紹介!

フリーダイヤル 0800-805-7767

盗聴器発見業者を無料紹介 業者紹介を申し込む

2016-6-6

思い立ったら即調査!

業者による盗聴調査というのは実は結構あります。皆さんの中でも、今は大丈夫でも将来同じように業者へ依頼することがあるかもしれません。もし、下記の中で思い当たるものがありましたら、早めに業者に盗聴調査をしてもらうと良いでしょう。

例1:イタズラ電話が多くなった
昔から、イタズラ目的で電話が掛かって来るというケースは多く起きています。特に、寝ている最中頻繁に電話を掛けられたら、たまったものではないでしょう。もし、ある日を境にイタズラ電話が多くなり、自分しか知らないことを言われたら、盗聴器を仕掛けられた恐れがあると思ってみてください。

例2:誰かが後ろからついてくる
ストーカーのような行動を取られるのも、盗聴器と関係があります。誰かが後ろからずっとついてくるということは、こちらの生活習慣を知ろうという目的があるはず。もし、住んでいる場所を特定されたら、留守の間に不法侵入されて盗聴器を仕掛けられてしまうかもしれません。

例3:不法侵入された形跡がある もし、外出から帰って来て、部屋の中が荒らされた形跡があった場合。速やかに警察に電話するのも大事ですが、盗聴器調査の依頼も忘れないようにしましょう。この場合、貴重品が盗まれていないかに注意が向くので、盗聴器のことまで考えが及ばないことは少なくありません。

バックナンバー

このページのトップに戻る
]