盗聴器調査・発見のことなら盗聴器発見なび

年間受付件数20万件以上 ※弊社運営サイト全体の年間受付件数
24時間365日お電話でのご相談受付中! フリーダイヤル 0800-805-7767

スタッフ待機中

24時間365日、盗聴器発見業者をご紹介!

フリーダイヤル 0800-805-7767

盗聴器発見業者を無料紹介 業者紹介を申し込む

2016-11-29

ラジオを使った盗聴調査

盗聴器は形だけでなく使用する電波にも種類があります。中でもラジオのFM電波に非常に近い周波数帯を持つ盗聴器があります。その電波を使った盗聴器であれば、ラジオを使って探すことが出来るのです。方法はいたって簡単です。FMラジオとテレビや携帯など、音を出すものを用意し、調査を行う部屋で継続的に音を出します。そしてその空間でFMラジオの電源をいれ、周波数の低い方から徐々に周波数を上げていきます。その途中に部屋でだしている音がラジオのスピーカーから聞こえた場合は、その部屋に盗聴器が仕掛けられているということになります。後は、ラジオを持ちながら部屋を歩き回り、音が大きくなったり、ハウリングしたりする場所を探します。そういった場所があれば、その地殻に盗聴器が仕掛けられている可能性が非常に高いのです。周囲に不審なものやおいた覚えがないものなどがないかよく探しましょう。この方法で反応がなかった場合=盗聴器がないということにはならず、FM周波数以外の周波数を持つ盗聴器が仕掛けられている可能性はあるのです。盗聴器の周波数はFMの他にUHFやVHF帯の物があり、これらの電波を探すには、それ用の盗聴器発見器を用意する必要があります。簡単なものなら数千円単位から購入できますが、盗聴器の中には特殊なタイプも複数存在し、それらはプロが持つ道具でないと発見できないものもあるのです。盗聴されているような兆候があっても盗聴器を見つけられないという場合は特殊なタイプかもしれません。そういったときには、早急に盗聴器調査の業者に連絡して、調査してもらいましょう。

バックナンバー

このページのトップに戻る
]